足りない頭で考える

海月のように生きてきました。そして、精神科の看護師へ

昔話

昔話をしたいと思います

当時の私は、中学2年生で吹奏楽部に所属していました。楽器が好きで、音大も目指していたほどでした。

私の通っていた中学校は、あまり風紀の良い学校ではありませんでした。喧嘩だとかで他の学校の生徒と揉め事をおこしたり、トイレでセックスする人がいたり。

私には好きな先輩がいました。1つ年上の同じ部活の先輩でした。誰にでも気さくで努力家な人でした。そんな彼には、好きな人がいました。私と同じマンションに住む先輩の同級生でした。知ってはいたものの諦めきれず、告白をしました。返ってきた答えは

セフレならいいよ

当時の私は、セフレなんか都合が良い女じゃん。とは思えず、いつかは付き合えて一緒になれるのだと思ってしまったのです。

セフレといっても、家に呼ばれる訳でもなくて公園でセックスして帰るだけ。手を繋いだのは1度だけ。何度も好きだと伝えても、望んだものが手に入ることはありませんでした。

ある日携帯に電話がかかってきました。

見知らぬ2つ上の先輩達からでした。

セフレになってくれるんだって?

好きな人に問い詰めました。勝手に携帯みられただけだよと。おかしいと思いながらも、信じることにしました。そして、公園に呼び出されました。

公園に行くと、誰もいなくてベンチに座って待ちました。いつも遅れてくるから、今日もそうなのだろうと。

来たのは2つ上の先輩でした。その方は、私の幼馴染の彼氏でした。

あいつ来ないよと言うのです。全部知ってるよ。あいつやめて、俺と遊ぼうよと話すのです。

何故こうなったのか話しているうちに、涙が止まらなくなってしまっていると、飲み物を買って来てくれました。

私の初恋は、なんて汚いのだろうと今でも悲しくなるのです。卒業式の日には、第2ボタンは貰えず袖のボタン。彼の付けていたのネックレスを、私の同級生の女の子がつけていました。

きっかけは壊れる

高校生が部活のユニフォームを着て、友達と楽しそうに喋りながら帰宅しているのを喫煙所から眺める海月です。
微笑ましいなぁと思うのと同時に、この中にも私と同じように交際相手に生活を縛られてる人は居るのかなと思うと悲しくなります。

高校生の時に「海月の彼氏って、どんな人?」と聞かれて、日々の当たり前だと思っていた事を話したら、その日の夜中に話した相手からDVについての新聞記事の写真が送られてきた事があります。
今ならば「助けて‼︎」と声をあげることは簡単な事だと思えるのに、当時の私は「それでも優しいところあるし…」と庇う事しか出来ませんでした。

私は6年の間、交際相手のDVに困りながら青春を過ごしました。DVの知識が無かった訳ではありません。周囲の人達は気づいていたし、助言してくれた事もありました。
「認識したくなかった。」という事と「他人のせいにするのが上手かった。」という事と「共感しちゃうDV被害者の仲間がいた。」という3点は、私が6年の青春を遠くに置き去りにしてしまった原因のひとつだと思っています。

まず、認識したくなかった。
私が、DV被害者だなんて認識したくありませんでした。自分の男の見る目の無さを認識したくなかった。「好きだ。」と言ってくれる彼と、私にムカついたからという理由で目の前で奇声を発しながら家の壁に穴を開けた彼が、同一人物と認識したくなかった。
すると、彼が言います。
「〇〇をした俺も悪いけど、お前が△△だから悪いんだよ。」
便利な言葉だと思います。上記を認識したくない私にとっては、「私が悪いんだ。」と思う方が楽でした。ただ、少し気分がモヤモヤします。
そこで、共感してくれる友人に相談します。
「わかるわかる。私も、この間〇〇したからキレられてね…」なんて、お互い殴られただの物の壊されただので話しが盛り上がってしまいます。出来上がる結論は、「悪いところ直さないと、嫌われちゃうね…」

このような負のスパイラルは、DVから抜け出すきっかけを壊していきました。
最終的な抜け出すきっかけは、「大学生になったため友人関係が変わり、共感してくれる人が居なくなった。」という事と「彼の手の届かないところに居場所を用意してくれた人が居た。」という事でした。

人間関係が変わっていなかったら、どうなってたんだろう。今でも負のスパイラルの中をグルグルして、デモデモダッテと言いながら過ごしたのかな。
もっと甘酸っぱい青春過ごしたかったな。
そんな思いで溢れかえったら、タバコがきれちゃって、いい加減禁煙しようかな…と悩むのでした。




はじめまして

はじめに自己紹介とお詫びをしたいと思います。
まず、お詫びから。
あまり文章を書くのが得意ではありません。読みにくい事もあると思いますし、語彙力ないなぁと思われる事もあると思います。
温かな目で見て頂けると、有難いです。

自己紹介です。
海月といいます。20代の半ばにどんどん近づいています。
いわゆる機能不全家族という環境で育ちました。母はヒステリックで暴力的。私の顔に痣ができた事もありました。父は、私には無関心で母にはモラハラ気味でした。
中学と高校時代は、ヤンキー(笑)の彼氏による束縛とDVという苦い青春時代を過ごしたため、古くからの友人というものが極端に少ないです。
大学生になり、AV女優から風俗嬢、キャバ嬢と何足もわらじを履いて、実家を出ました。
今は、そのようなお仕事を全て辞めて、会社員として生きています。


言いたい事を言いたいだけのブログとなりますが、どうぞよろしくお願いします。